うるま署と締結式

ぬちまーすとうるま署は、災害時における支援協力に関する協定を結ぶため、9月19日に締結式を執り行いました。

協定では、うるま市にある宮城島など

島しょ地域で大規模災害などが

発生した場合、ぬちまーすの敷地に

警察活動拠点を設置し使用すること

などを決定しました。

 

締結式で、うるま署の與儀署長は、

「大地震や台風、大規模火災などの事案に

対処するために災害拠点は重要」と強調。

 

社長の高安は

「ぬちまーすの施設が、災害時の活動に

使っていただけるならありがたいこと。

住民の安全のため活動していきたい」と

挨拶しました。

 

この日は、施設を使った災害対処訓練もあり、

施設内講話室に災害現地指揮所を設置し、

駐車場からドローンを飛ばして、

情報収集や映像転送などを実施しました。

 

また、ぬちまーすスタッフ向けに

AED講習も行いました。