沖縄の海から生まれた塩

塩を摂ることは体に悪いことだと思っていませんか?体に良くないのは「塩分」だけを摂取するからなのです。ぬちまーすは、海から水だけを引き、海のミネラルを多様に含んだ「カラダが海になる塩」なのです。

沖縄の方言で、命のことを「ぬち」、塩のことを「まーす」と言います。生命に必要なミネラルに着目し「命の塩」(ぬちまーす)と名付けました。ぬちまーすの原材料は沖縄県宮城島の太平洋側の海水のみ。輸入塩、固結防止剤などの添加物は一切使用しておりません。

沖縄本島と海中道路で結ばれ、タカハナリ(高離)とも呼ばれる標高100m前後の高台の島です。浅瀬にはサンゴ礁が広がります。また、沖は流れが速く圧倒的な透明度を誇ります。


世界初の特許製法

細かい霧を発生させて塩を作る製塩法を「常温瞬間空中結晶製塩法」といいます。円盤を高速回転させ、海水を細かい霧にし、その霧に温風を当てると、水分だけが瞬時に蒸発し、海水に溶けていた塩分・にがり(塩以外のミネラル)がすべて空中で結晶。真っ白で、海の成分まるごとの塩が雪のように降り積もります。この製法は、世界13カ国で認められた、ぬちまーすの特許製法です。